地区仏青だより

東京6号仏青 活動報告

平成29年度 東京6号仏青 活動報告

811日から12日の一泊二日で、37回目を数える夏季恒例行事の青少年研修会が青梅市にある即清寺を会場に開催致しました。

参加人数:23名(3班編成)

参加会員:仏青会員13

ボランティア:9

【お勤めの時間】

慣れない正座の中、頑張ってお経をお唱えします。最初は声が小さく、目で教本の一字一字を追うことに精一杯ですが、研修会の中で何度も繰り返しお唱えすることで徐々に声も大きくなり、自信を持って読めてきます。

【掃除の様子】

班で分担して掃き掃除や雑巾掛けを行いました。本堂の外縁や床を雑巾が真っ黒になるまで掃除しました。学校とは一味違う掃除にみんな笑顔で一生懸命取り組んでいました。

【坐禅の様子】

眼を閉じ、しっかりと姿勢を整えて坐禅を行います。賑やかな研修会の中でも、静かにゆっくりとした時間が流れ、心を落ち着かせます。

【キャンドルサービスの様子】

夜は御本尊様からお灯りをお借りしてキャンドルサービスを実施しました。燭台を持ち、一人ずつ「誓いの言葉」を語りました。幻想的な光の中、将来の夢や学校で頑張りたいこと、家族の健康など様々な誓いを語り合いました。

 

東京六号支所の青少年研修会は37回目となりました。仏青スタッフの減少により、準備を含めた研修会の進め方について、以前からどのように工夫していくかの検討がされてきました。今回は初日の開始時間を朝からではなく、午後からに短縮することで午前中を最終的な準備時間に当てました。実質1日半の研修会の中、9名のボランティアスタッフの協力のもと、無事に研修会を終えることができました。今後もスタッフの状況に合わせた研修会の進め方を工夫していく必要があるかと感じています。